睡眠時無呼吸症候群|たつみ内科クリニック 京都城陽市 JR奈良線「山城青谷」駅3分

医療法人 たつみ内科クリニック

JR奈良線『山城青谷』駅より徒歩3分

0774-55-1937

睡眠時無呼吸症候群

当院では睡眠時無呼吸症候群(SAS)の簡易検査が可能です。

睡眠時無呼吸症候群(SAS) とは

睡眠時無呼吸症候群

眠っているときに無呼吸状態になる病気で、SAS (Sleep Apnea Syndrome)とも呼ばれています。
無呼吸状態とは、呼吸が10秒以上止まっていることを指し、この状態が7時間に30回以上、あるいは1時間あたり5回以上あると睡眠時無呼吸症候群(SAS)となります。昼間仕事中などの強い眠気、居眠り、集中力低下で交通事故など社会問題にもなっています。

このような症状の自覚やご家族から寝ている時のいびきがひどい、息が止まっている時があるなどの指摘で相談に来られるケースが増えています。

睡眠時無呼吸症候群の治療

当院では簡易検査の結果で、確定診断できる方は希望により当院での在宅CPAPの機器導入(CPAPによる治療について詳しくはこちら)もしくは専門機関紹介、疑いレベルでさらに精査が必要な方の専門機関への紹介を行っております。肥満体型の方に多いイメージですが必ずしもそうでなく、年齢的にも勤労世代で早期発見の社会的意義は大きいと思われます。